logo-shop
Menu

alejandro03

A+ A A-

アレハンドロ・フェルナンデス

立志伝中の人

子供時代に経験したことが個人のその後の将来を形作るとよく言われていますが、アレハンドロは、少年時代より毎年、家族の伝統に倣い、小さな葡萄畑から収穫された葡萄を使用してワイン作りをする手法を父親から直に学んできました。彼こそまさに一代で成功を築き上げた「立志伝中の人」です。アレハンドロは、若い頃から様々な仕事を掛け持ちしながら、いつの日か自らのボデガを持つという夢を長年育んできました。しかし、彼がようやく自らのボデガを設立することが出来たのは、1972年になってからのことでした。16世紀に建てられたこの石造りのボデガ内で、ワイン作りの殆ど全ての工程が完結します。

醸造家としてのキャリアをスタートさせて以来、アレハンドロ・フェルナンデスは、リベラ・デル・デュエロのワイン作りにおいて先見の明を持った「革命的」な作り手として知られてきました。1980年代以降、ティント・ペスケラのワインは、葡萄栽培家やワインの作り手にとっての秀逸なロールモデルと見なされてきました。現在ペスケラのワインは、世界有数の偉大なワインリストにその名を連ねています。ペスケラ・グループの教祖たるアレハンドロ・フェルナンデスは、自らのワインの成功をただ傍観するでも、それに甘んじるでもなく、常に自ら第一線に立ち、ボデガ内で起こる全ての出来事の詳細に至るまで目を光らせてきました。結果、フェルナンデス・リヴェラ家が運営するボデガは、高いクオリティ、伝統とモダンの完全なる融合という秀逸なる評価と名声を不動のものにしてきました。

ESPAÑOL    ENGLISH    中文    日本語    DEUTSCH